三重県宮川カヌーカヤックツーリング

三重県宮川花見は、カヌー上から桜を見るのがおすすめである

三重県を流れる宮川には、花見をするのにいい場所が多くある。

そのなかでもおすすめなのが、多気郡にある『さくらの里公園』と『もみじ館』だ。

伊勢市や松阪市から距離があるため人が少なく、ゆったりと桜や自然の風情を楽しめるのがいい。

 

僕は去年の4月上旬、エクセ カヌーツアーズの代表と共に、3人で『さくらの里公園』に来た。

 

 

当日は曇りだった。

 

 

宮川の透明度は今まで僕が見たなかで一番悪く、まるでカフェオレのようだ。

普段はもっと綺麗なのに、残念である。

 

 

だが、桜の美しさがそれを帳消しにしてくれている。

 

 

僕が写真を撮っている間、代表と丘君(仮名)の2人は、カヌーの出艇準備をしてくれていた。

 

 

安全に船上から花見をするための、2つのカナディアンカヌーを固定する作業だ。

春の水温の低さを考えた安全対策である。

 

 

 

実際、驚くほど安定している。

 

 

土砂崩れのそばに釣り人がいた。

 

この辺りは釣り好きに人気がある。

 

 

僕は、水上から橋の下を見るのが好きだ。

 

丘君も詩人のような眼をして橋を眺めている。

 

『もみじ館』の桜が視界に入ってきた。

 

上陸。

 

桜の下で食べるとなぜか美味い。

 

しばらくまったりとしてから、

 

 

『さくらの里公園』へ戻った。

 

 

 

『さくらの里公園』⇔『もみじ館』のコースは、当サイトのカヌー・カヤック体験ツアーぺージには載せていない。

しかし、花見や川釣りの好きな人から要望があったときには、臨時ツアーを開催している。

釣り道具・アウトドア用品のレンタルグッズを数多く取り揃えているから、手ぶらでツアーに参加することも可能だ。

 

カヌーで花見をしたい人、カヌーで釣りをしたい人は、090-1560-5081(代表 松原宏之)まで連絡すれば予約できる。

いつもとは違う角度から桜を見たい人には、おすすめだ。

ぜひ、あなたも体験してみてほしい。

 

記者: 伊勢育ちTaka