志摩市の人気スポット

三重県 国府の浜 波音 in CHARGE

8月14日、三重県伊勢志摩にある国府の浜に行った。

サーフィン雑誌でも度々紹介されるビーチだ。

西寄りの風が強くなる冬以外が全部シーズン。

一年中、多くのサーファーで賑わう。

そんな有名な海岸へ、日が暮れる頃6人で行った。

  波音①  

誰もサーフボードを持たずに。  

 

今回は、サーフィンをしに来たわけではない。

波音を聴きに来たのだ。  

 

部屋から外に出ることで感じるものがある。

インドアで音楽もいいが、 国府の浜で波音、

これが気持ちいい・・。  

 

堤防に横たわり、空を眺めた。  

ピンクとグレーが混じった大きなものが、流れていく。

 

毎日のように地下鉄に乗る生活をしている僕にとって、ここの雲は神秘的に見える。  

 

まぶたを閉じた。  

 

波が崩れる音と海水が引いていく音のあいだに、人々の楽しげな声。

潮の香りがする。  

 

このまま、横になっていたい・・。

  波音②  

しかし、移動しなければならない。  

あと3回波の音を聴いてから、起きよう。

そう思い、数え始めた。

1・・・

2・・・

3・・・

あと10回聴いてからにしよう・・・。

  波音③  

 

「そろそろ会場へ行こか」

そう言われて目が覚める。  

 

空の色は変わり、大きなグレーなものが流れていた。  

 

堤防から会場を見ると  

波音④  

スクリーンにサーフィンの映像が流れている。

その横は特設ステージ。

夜の野外ライブを聴くために、僕達はステージ前のテーブル席を確保した。  

 

次は食べ物がいる。

ライブの主催者であるCHARGEという名の店へ、買い出しだ。

といっても、会場はCHARGEの駐車場だから、歩いて10秒で店に着く。  

 

店から10秒で駐車場。

駐車場から30秒で海。

なんて立地だ。

サーフィンのショップをするには最高じゃないか。  

 

そう、CHARGEのフルネームは、

CHARGE SURF SHOP  

 

サーファーのための駐車場は50台分ある。

綺麗なトイレやシャワールーム、カフェも完備。

サーフィンスクール、レンタルボードは常時受け付けている。

オーナーは元プロサーファーだ。  

波音⑤  

トレーには、オーナーの奥様が作ったカレー。

ちなみに、奥様は、当サイトの代表 松原宏之とお友達である。

僕は、数回会ったことがある。  

 

ライブが始まった。  

波音⑥  

伊勢志摩を中心に活動しているアコースティックユニット

その名も

波音(ハノン)  

 

ボーカルはギターだけでなく、カホンやウォッシュボードなどもできるマルチミュージシャンの橋野俊輔氏。

ドブロギター奏者の井村義次氏は、作詞作曲をしている。  

 

 

ボーカルのダミ声とドブロギターの音色が、心地よく耳に残る。

波音は、他のミュージシャンとセッションをするのが上手い。

当日のライブでも、セッションをしていた。  

波音⑦  

毎年8月14日の夜に、波音が国府の浜で野外ライブをするらしい。

来年も、聴きに来よう。

今度は、サーフボードを持って・・・。  

 

何秒立てるだろうか?

何分で足がつるだろうか?  

 

10年以上前に、オーストラリアのByron Bayで足をつって以来、サーフィンはしていない。

楽しみである。  

 

部屋から外に出ることで感じるものがある。

インドアで音楽もいいが、 国府の浜で波音、

これが気持ちいい・・。  

 

記者: 伊勢育ちTaka