伊勢市の小ネタ

宮川でカヤックをした日の夜は、音楽を聴きたくなる

今年の8月、僕たちは三重県の宮川へ行った。

カヌー・カヤックのツーリングだ。

当日は、曇り時々雨。

天気は良くなかったが、涼しくて快適に遊べた。

  カヤック   カヤック②   カヤック③  

朝早くに起き、夕方まで遊んだから疲れた。

疲れたといっても、不快感は無い。

心地よく、いい気分だ。  

 

夜、伊勢市にある銭湯 『汐湯 おかげ風呂舘 旭湯』に行き、のんびりした。

運動した後の風呂は、最高だ。

こんな日の夜は、音楽を聴きたくなる。  

 

エクセ カヌーツアーズの代表が今年購入した家に、僕たちは行った。

「音楽を聴きたい・・」

僕は代表に、そんなリクエストをした。

昔から、代表はステレオやアンプ、ミキサーなどの音楽機材・DJ機材を持っていたので、最近もXDJ-RXやKAOSS DJのようなものを買っているかもしれない。

 

 

 

静かな部屋でソファーに座り、くつろいだ。

時々、JR列車の通る音がする。  

 

目の前のテーブルの上に、茶色い木箱が置かれた。

大きさは、ミカン箱より少し小さいぐらいだ。

 

上部にある開閉式のフタを開けると、プレイヤーがある。  

レコードをのせてみるが、

蓄音機

何も聞こえてこない。  

蓄音機②

電源のスイッチもない。  

 

友達が、ハンドルを回し始めた。

蓄音機③  

交代して回し、腕が疲れないようにした。

蓄音機④  

なぜなら、

宮川

一日中、遊んだ後だからだ。

 

「あっ!」

蓄音機⑤

「鳴った!」  

 

昭和初期の歌が室内に響く。

誰も知らない昔の曲。

僕たちが生まれた頃よりもずっと前の流行歌に耳を傾け、夜を過ごした。

 

伊勢市駅と宇治山田駅の間にあるこの小さな古民家は、誰も住んでいない。

だが、訪問するたびに変化している。

ここで店をオープンするために、代表たちが少しづつ改造をしているからだ。

どんな店になるのか、楽しみである。

宮川でカヤックをした日の夜は、あなたも蓄音機で音楽を聴きたくなる

かもしれない・・・。  

 

記者:伊勢育ちTaka